So-net無料ブログ作成
検索選択
勉強法 やる気 ブログトップ

夢を持つことがやる気につながる!やる気は自分の中に [勉強法 やる気]

中学3年分の数学が面白いほど解ける65のルール [ 平山雅康 ]


中学で習う文章題が3分で解ける本 [ 平山雅康 ]


おはようございます。

天候は晴れです。


久しぶりのお休みなので



中学3年生の生徒は公立入試があと少しでありますので

最後のまとめを仕上げています。





さて、一昔前の子供達に「あなたの夢は何?」

と聞くと、男の子は野球選手だったり、

サッカー選手だったり、パイロットだったり、

女の子ケーキ屋さんとか美容師さんとか、楽しそうに

いっぱいいっぱい

夢を語ってくれていました。


しかし、最近のテレビ番組で

という子供達へのアンケートをやっていたのですが、

なりたい職業の第1位はなんと公務員でした。


これにはちょっとビックリですけどね。

国民の税金で給料をもらうことは、安定収入ですが、

それだけの責任が大きいことだと誰が教えるのですかね

ニュース見たらわかるのに、

公立の先生方は自分が不利に
なるようなことはいわないと思うしね。


世界の子供達へのアンケートではサッカー選手が

ダントツの1位だったのに。

この結果にそれなりに、

日本の将来に気がかりだったのは
私だけではないと思うのですけど・・・。

最近の子供達は現実的なのでしょうね。



これはわたしども社会人にも責任はありますけれど、

子供達に話す言葉に「それはムリ」「それは出来ない」 「それは難しいだろう」etc

このようなネガティヴな言葉を日常の中で多く子供達に しゃべってはいないでしょうか?


『夢を持つこと』『夢を見ること』は素晴らしい ことなのです。

なぜなら、夢はやる気を呼び寄せてくるからです。


夢を叫んだ後はその夢の方向に行動する。
実践する。

そのことが大事になるのです。


ほんの小さなことでも構いません。

こうなりたい、こうしてみたい、という夢を持ちましょう!

最近のお子様を見ていて思うことが
あります。

もしかして、時間管理は少し前のお子様より
上手だと思います。

スマフォのアプリのおかげだと思われます。

大事なところをスマフォで写真管理したり、
文章管理をスマフォ

とにかくマニュアル大好きですが、それはいい所だと
思いますので

あとは、自分の夢をもつ!これが大事ですねという
お話でした。



投資に最低必要な数学センスはこの本のシリーズが1番です!無知では勝てませんね!





ヤル気の出し方の秘訣は [勉強法 やる気]

中学3年分の数学が面白いほど解ける65のルール [ 平山雅康 ]


中学で習う文章題が3分で解ける本 [ 平山雅康 ]

本日はヤル気をもたらすテクニックとして次のことを伝授しますね。

まず、あなたに問いかけますね。

貴方は何がやりたいですか?

最初に簡単な質問をしてみました。

この質問を

10年後あなたは何をしていたいですか? 1

10年後貴方は何をしていますか?

というように自分でダントツにピッタリくる質問に変えて質問してみてすることをおすすめします。

この質問をノートに記載する→そして、答えをノートに記載する。

この問いあわせが大事なのです。

この質問をどんどん細かい質問にしていければいいですね。

今やるべきことが気がついてきたりやりたい事がみつかったり してきますからね。

例えば、 ・5年後の自分は何をしていたいか?

・3年後の自分は何をしていたいか?

・1年後の自分は何をしていたいか? ・1ヵ月後は・・・ ・

1週間後は・・・ というふうに細分化していければいいのです。

難しく考えずに自分に対する質問を繰り返ししてみましょう。

リオ・オリンピック大会サッカー出場を決めた。サッカー日本U-23代表キャプテン遠藤選手が

「リオ・オリンピック出場は通過点、メダル取ることが僕たちの目標です」とわかりやすく話していました。

これでいいんですよ!」

とにかく難しく考えないで、自分に対する質問を繰り返して みましょう。

実践することが出来れば、それだけでもパワーアップです。


簡単なことから少しずつ研究することで力もついてきますし

自分のものになっていきます。


本日のまとめ

具体的な質問がわかれば、具体的な答えが出てきます。





学校だけじゃなく、世の中に出たときにもパワーを発揮してくれる。


ヤル気の 出し方を伝えていければと考えています。

乞うご期待してください!




夢を語ろう!書こう! [勉強法 やる気]

中学3年分の数学が面白いほど解ける65のルール [ 平山雅康 ]


中学で習う文章題が3分で解ける本 [ 平山雅康 ]

夢を持つことはやる気につながるということを

書きました。

その夢を口に出して言うこと。紙に書くこと。

決意したことはコミットメントすること。これも大事です。


よくドラマなどで受験生の部屋を表すとき、勉強机の前や

横の壁に「○○大学合格」「絶対○○大学合格するぞ!」

という紙が貼ってありますよね。

まさにあれです。


受験生諸君は大きく紙に「○○高校合格」「○○高校に

絶対合格する」と書いて、目に付くとろこに貼る。

受験勉強に使うノートの表紙にも○○高校に絶対入学する!

など書いておくのもよいでしょう。


そして、できれば、声に出して言うのです。

恥ずかしいさはわかりますが、○○高校に合格するぞ!

と言ってみるのです。コミットメントすることで、

自分のやる気がわきあがってきますから、勉強する前に

コミットメントするといいかもしれませんね。


そして、高校合格した後に、どんな将来を夢見ているのか

まで語るのです。紙に書いてみるのです。



サッカーの本田選手もそうでしたよね。有名なお話ですし、

夢ノートなるものもイオンでは売っていますね。


5年後の将来どうなっていたいのか・・・

10年後の将来はどなっていたのか・・・

また、1年後は? 3年後は?

なりたい自分の夢の想像を膨らませて、ノートに書いて

みましょう。



勉強法 やる気 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。