So-net無料ブログ作成
検索選択

記憶の忘却曲線 [勉強法 記憶力]

中学3年分の数学が面白いほど解ける65のルール [ 平山雅康 ]


中学で習う文章題が3分で解ける本 [ 平山雅康 ]

記憶の忘却曲線のポイント 

さて、本日は記憶のメカニズムについて記載します。


世の中には様々な勉強法に関する情報がありますが、

どれが本当に信頼できるのでしょうか?

私が特に納得でき、ある程度実践して効果を実感している

方法の1つとして、人間の脳の記憶のメカニズムを利用した

勉強方法がありますのでご紹介しますね。



『記憶の忘却曲線』


「人は忘れる動物だ」という事を完全に認識した上で脳の

仕組みを知る必要があります。

その脳の仕組みを知る上で参考になるのが、記憶力に関する

忘却曲線というものです。


19世紀ドイツの心理学者であるエビングハウスが人間の記憶力

について研究成果を発表しました。

「エビングハウスの忘却曲線」は有名です。


このエビングハウスの忘却曲線によると、普通の単純記憶で

あれば、1回覚えたと思っても1時間後には56%、9時間で64%、

1日たつと約70%忘れています。

では、なぜ人は長期的に覚えることが出来るのかというと

繰り返し覚えなおしているからなのです。

これがまさに復習の効果です。


復習が大切なことはよく理解されていると思います。

私は生徒にこう話しています。

「今日学んだことの復習は3日以内にもう一度やること。」

「復習の宿題は3日以内にやること。」

これは、この忘却曲線を考えて言っている事なのです。

出来るだけ3日以内に宿題をやることで、記憶の定着を

させることができるからです。


同じような問題を何度も繰り返してやることは大事ですが、

同じやるなら、覚えたことを数日のうちに何度もやる方が

いいということなのですね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。